会長挨拶

会長所信表明

会長 垣内 欣久

私は平林様、大原様、畑中様に熱心に入会を勧められて、入会させて頂きましたのは、2003年10月、あれから14年、あっと言う間の出来事のようでもあり、又、長い道のりでもありました。入会当初はなにもわからないままの私でしたが、とうとう会長と言う大役に就く日が来てしまいました。まだまだ、自信もなくて、逃げ出したい心境ではございますが、皆様のお力をお借りしながら、この1年間を頑張って行く所存でございます。・・・・・が気が付かない事が多々あると思います。その節はご容赦お願い致します。まずは皆様のご指導をよろしくお願いします。入会させて頂いて、皆様との交流が今の私の人生に大変有意義な、又、楽しい毎日を過ごすことが出来まして、皆様に感謝しております。ありがとうございます。

2017年~18年度のテーマは「ロータリー:変化をもたらす」です。イアン・ライズリーRI会長は「ロータリーとは何ですか」と言う問いに私たちは「ロータリー:変化をもたらす」と答えます。それぞれのどのような方法で奉仕する事を選んだとしても、その理由を奉仕を通じて、人々の人生に変化をもたらせると書かれております。このRIのテーマを自覚しながら、有田南R・Cの40年の歴史を継承していきたいと思っております。40周年が無事終わり、45周年に向けて、出発しました。2640地区の地区基本指針「ロータリーの原点を再確認し、2640地区の新たな飛躍を」であります。ロータリーの根幹の職業奉仕を軸に「4つのテスト」の奉仕の理念を実践しながら地域社会奉仕に貢献し、自己研鑽に励み、威厳のある楽しい例会、すべての会員が出席したい魅力のある例会になるようにお互いの絆をさらに深めて、行くことによって、充実した日々を過ごせる用なクラブにしたいと思っております。

現代の課題としては、会員増強であります。何とかして増強に導く手段を会員全員が一丸となって、取り組んでいかなければなりません。 各委員会と連携してその活動目標を達成して行きたいです。私のテーマは「継承とお互いの絆を深く」です。皆様ご指導、ご協力を切に切にお願い申し上げます。



有田南ロータリークラブ

会長 垣内 欣久